会誌「建築士」 | 公益社団法人 日本建築士会連合会

TOP会誌「建築士」

会誌「建築士」

会誌「建築士」は、都道府県建築士会の連合体である日本建築士会連合会の会報誌として、毎回、思考を凝らした特集や建築界のニュース、連載講座、建築士会の活動、評論、法律、環境 ・都市計画、設計、技術積算、材料、 設備等の解説や、随筆、書評等を掲載しております。本誌の読者は、 一級・二級・木造建築士の資格をもった建築士会会員で、その数は全国で 10万余名を擁しております。発行部数は、建築界では最高の部数で、 会員は47 都道府県にくまなく分布しており 、全国配布の媒体誌としての価値も高く評価されております。

名称:会誌「建築士」
発行:(公社)日本建(築士会連合会
体裁:A4判(56頁)

◆連載講座とCPD単位取得

会誌「建築士」掲載の連載講座をお読みいただき、その設問に答えることで、CPD単位を取得することが可能となります(建築士会会員のみ)。


◆「北から南から」

まちづくり・研修会・交流会、防災・市民活動、ユニークな活動など、様々な建築士が参加する活動を全国からお寄せいただき、掲載しています。建築士会会員であれば、どなたでもご投稿していただけます。文字数:817字、写真、プロフィールなどをお送りください。

宛先:kaishi@kenchikushikai.or.jp


建築士 KENCHIKUSHI 2018年06月号 Vol.67 No.789 CONTENTS

01 都市再生の最前線 第6回

広域都市圏形成による都市再生
マルメ市(スウェーデン)
Malmö, Sweden 佐々木宏幸

02 オピニオン

耐震設計と大振幅地震動   壇 一男
京風住宅のリフォーム計画   八幡衣代
地蔵盆の再評価とまちづくり   前田昌弘
まちづくりの夢を叶える建築士になる   井出正臣

04 北から南から

[北海道] 小樽の冬の灯火   近藤真人
[青森] 地域貢献でPR   高杉裕司
[新潟] 受け容れる精神 雪と雁木のまちに暮らす   関 由有子
[福井] 木に触れる住教育授業   田中諭美

06 この人に聞く

第114回: 災害復興の過程にコミュニティデザインの核心を見つける
新井信幸 氏 〔 東北工業大学建築学科 准教授 〕

10 旅から旅絵

第54回: 古都バガンを巡る(二) ミャンマー   村山隆司

11 特集 : 住宅宿泊事業法を考える

・ 特集のことば
宿泊施設と住環境の安心・安全   北尾靖雅

・ 用途地域制に関わる課題と地域ルールでの民泊対応   鈴木克彦

・ 防火および避難規定に関わる課題   安井 昇

・ 住宅リフォームに関わる課題   山中誠一郎

・ 歴史的町並みにある伝統的建造物や
文化財指定等建造物と住宅宿泊施設   嶋村明彦

・ 「民泊」制度の適正な運用に向けた京都市の取り組み   岡田圭司

36 CPD講座

日本の木造架構史  第 10 回
日本各地の名橋と造船の大型化  増田一眞

40 CPD講座

改正民法の概要と建築士の契約・業務等に与える影響  第 3 回
建築士の業務に関わる主な改正と問題点①   大森有理

44 Report

平成29年度 全国青年委員長会議 開催報告
なぜ、建築士会なのか? - 青年委員会の方向性とあるべき姿

48 News Clip

50 COFI 中層木造建築デザインアワード

52 連合会からのお知らせ

まちづくり賞の募集

53 連合会からのお知らせ

建築士定期講習

54 次号予告

55 イベント&新製品