TOP会誌「建築士」

会誌「建築士」

会誌「建築士」は、都道府県建築士会の連合体である日本建築士会連合会の会報誌として、毎回、思考を凝らした特集や建築界のニュース、連載講座、建築士会の活動、評論、法律、環境 ・都市計画、設計、技術積算、材料、 設備等の解説や、随筆、書評等を掲載しております。本誌の読者は、 一級・二級・木造建築士の資格をもった建築士会会員で、その数は全国で 10万余名を擁しております。発行部数は、建築界では最高の部数で、 会員は47 都道府県にくまなく分布しており 、全国配布の媒体誌としての価値も高く評価されております。

名称:会誌「建築士」
発行:(公社)日本建(築士会連合会
体裁:A4判(56頁)

◆連載講座とCPD単位取得

会誌「建築士」掲載の連載講座をお読みいただき、その設問に答えることで、CPD単位を取得することが可能となります(建築士会会員のみ)。

連載講座(過去の掲載分)


◆「北から南から」

まちづくり・研修会・交流会、防災・市民活動、ユニークな活動など、様々な建築士が参加する活動を全国からお寄せいただき、掲載しています。建築士会会員であれば、どなたでもご投稿していただけます。文字数:817字、写真、プロフィールなどをお送りください。

宛先:kaishi@kenchikushikai.or.jp


建築士 KENCHIKUSHI 2017年07月号 Vol.66 No.778 CONTENTS

01 隣国からの建築便り

第19回: 昌徳宮後苑
自然の地形を生かした王室のアジール   冨井正憲

02 オピニオン

景観整備機構・アラカルト   田村哲男
資源としての住宅   中野晶子
大きな問題に立ち向かうには   能戸謙介
これからの土壁   畑中久美子

04 北から南から

[北海道] 続けることによって繋がる   山内一男
[東京] ボトムアップのまちづくり   鎌田隆英
[広島] 国際交流事業「ぺあせろべ」   生田文雄
[愛媛] 住宅倒壊模型を使った防災講座   近藤岳志

06 この人に聞く

第103回: 社会貢献する建築のあり方を設計テーマに
柳瀬寛夫氏 〔 建築家 〕

10 旅から旅絵

第43回: 越後妻有の簾不落から 一 小出のいえ   堀 啓二

11 特集 : 第25回まちづくり会議/平成28年度全国まちづくり委員長会議 開催報告

まちづくりの潮流を探る

・特集のことば   森﨑輝行

・部会設立の趣旨と今後の活動について   山中保教

・部会報告
報告 [1] 防災まちづくり部会 災害多発時代にどう向き合うか    佐藤幸好
報告 [2] 歴史街づくり部会 歴史まちづくり全国ネットワーク始動   松竹昭彦
報告 [3] 福祉まちづくり部会 全国的な体制づくりをめざして   中村正則
報告 [4] 街中(空き家)まちづくり部会 報告と課題          森崎輝行
まとめ  まちづくりの進化と深化   塩見 寛

・意見交換会(シンポジウム)
部会活動とこれからの建築士のまちづくり
パネラー    : 山中保教・佐藤幸好・松竹昭彦・中村正則・森崎輝行
コーディネーター: 豊永信博

・ワークショップ
建築士および建築士会が取り組みをおこすためのワークショップ   清水耕一郎

・交流会   高橋康夫

・全国まちづくり委員長会議
[活動報告 1] 九州ブロック 九州まちづくり塾 in 宇佐   椛田康一
[活動報告 2] 九州ブロック 熊本地震 九州ブロック連携協定に基づく被災歴史的建造物復旧支援の取り組み   山川満清
[活動報告 3] 近畿ブロック 全国大会京都大会に向けた準備活動   西田教子
[活動報告 4] 関東甲信越ブロック 長野県建築士会・新潟県建築士会まちづくり交流会   相田幸一
まとめ   地域リーダーの選出に向けて   西田教子

30 CPD講座

知ってほしい建築を支える専門工事業  第5回
左官工事業  伝統と革新 ― 左官による仕上の復活   米本順平

34 CPD講座 木材と腐朽  第4回

木材の点検  点検・保守  藤田和彦

38 Topics

建築士の職能を生かすインスペクション インスペクションからのリフォーム   井之上由美子

42 暑中見舞広告

44 News Clip

50 理事会報告

第25回 定例理事会

52 Report

報告 第19回日・韓・中建築士協議会 福州会議

59 イベント&新製品